FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣岳 敗退

8月13日~15日

KAさんと剣岳に初アルパイン(Cフェース剣稜会ルート)の予定で入山したのですが。。。

結果、アタック日に雨が降り、敗退です

fc2 1
13日にハシゴ段乗越経由で真砂沢キャンプ場に。20キロオーバーの荷物を担いでの登りはキツイ。途中で八ツ峰が見え、俄然気持ちが入る。
結果7時間かけて到着。この日はやることが無いので、早々に


幕営料を払いに小屋へ行くと、どうやら明日の天気がちょっと悪いとの情報が。おいおい何とか持ってくれよ~と祈りつつ、早々に就寝

夜半、テントを雨が叩く音で目覚める。ガーンです。
まっ何とか成るかなと思って寝入ると、また雨音で起こされる。。。。
結局、起床時間の3時でも雨
KAさんと様子見ってことで、再び寝入りました。

fc2 2
明るくなっても雨は止まず、最後のあがきで、道具一式もって上がってみる事になり、出発。
二人とも始めての長次郎谷をアイゼンを軋ませて登る。

登るほどにガスがかかり、雨も強くなる。熊の岩でベースを張っている知り合いを探すも、見つけられず。結局ここで、引き返しました。。。ハァー。

ベースに戻り、濡れた服を乾かすと後はやることがないので、。知り合いも真砂沢に降りてきたので、皆でテントで酒盛りとなりました。

帰りの渋滞を回避すべく、翌朝は3時起床。5時にこの日まだ登る予定の知り合いに挨拶をし、下山となりました。

スポンサーサイト

白毛門 ラッセルラッセル

Eさん、Aさん、H隊長、Kさん、ウッシー、ARAさん、KURA

新しい仲間のEさん歓迎山行第一弾として、白毛門にラッセルをしに行ってきました。
当日は雪の降る中、土合を9時ごろ出発。先行パーティがつけてくれたトレースがあり楽ちん。しかし松の木沢の頭で先行パーティに追いつくも、彼らは下山するとの事だったので、そこからラッセルスタート。ひざ上の積雪でかなりつらい。ちょっとした起伏でも山のようになっており、これからどれぐらいかかるのかと不安を覚えた。
ほどなく行くと遠藤さんがかなり疲労(初めてじゃ当たり前か)しており、また12時を回っていたので、ここでストップ。ゆっくりと下山した。

fc2 1
えっほえっほ♪
fc2 2
ラッセルラッセル!
fc2 3
下山後はお決まりの”中華たむら”。タンメンの普通(700円)と大盛り(850円)はかなり量が違います!

Eさん、これからバリバリ山に行きましょう。

槍ヶ岳

11月21日 新穂高駐車場(11:00)~穂高平非難小屋~白出沢出合~滝谷出合~槍平小屋(15;30)
11月22日 槍平小屋(5;30)~千丈分岐点~飛騨乗越~槍ヶ岳(12;00)~(下山同じ)~槍平小屋(15;30)
11月23日 槍平小屋(5;45)~新穂高駐車場(9;00) 

KOさん、H、KURA

11月21日~23日の連休にプレ冬季山行をすべく、槍ヶ岳に登ってきました。山を始めて結構たちますが、初の槍です。

21日は槍平小屋までの予定のため、ゆっくりと朝6時に出発。渋滞も無くスムーズに進む。沢渡あたりからちらちら雪があり、安房トンネルを過ぎると結構な雪が。こりゃ今日は大変かなと思っていたが、新穂高の駐車場では降っておらず。ちょっと拍子抜け。
そそくさと準備をしていざ出発。林道はほとんど雪がなく、穂高平非難小屋へ。久々のプラブーツ重荷はつらい。。。程なくすると雪が出てきて、靴の跡を発見。先行パーティが居る様である。白出沢出合の非難小屋は無くなり、トイレになっていた。
ここからの登山道には薄く雪がのり、かえって歩きづらい。雪が増えることを期待しつつ進むも、滝谷非難小屋についてしまった。天井が一部落下しており、とまるのに躊躇するような感じである。滝谷はまだ水が流れており、濡れぬように慎重に渡る。多少雪が増えるも先行者のおかげで、トレースはばっちりで、本日の目標の槍平に到着。小屋を他3パーティとありがたく使わせていただく。
本日の夕食はカレー。Hがそのまんま家庭カレーを持ってきてくれ、いつもの生米を炊き、腹いっぱいとなった。寒すぎてビールがはかどらない中、19:00に就寝。
fc2 1
途中の飛騨沢

明けて22日は4;00に起床。定番のまるちゃんのカレーうどんをたべ、荷物をデボし5:30に出発。先行パーティの踏み跡をありがたく使わせてもらう。槍平からは積雪は多く、冬山らしくなってきた。先行パーティに前を譲ってもらい、ワカンを履いてラッセル。まさか11月にラッセルをするとは思っていなかった。体がなれておらず、足の付け根が痛い・・・。
fc2 2
千丈沢乗越西側のピークが見えた。もうすぐ槍が見えるはずである。
fc2 3
正月など冬季は通常中崎尾根もしくは大喰岳西尾根をつかって登られるが、今回雪がすくないので、飛騨沢を詰めることに。KOさんに教えていただいたこのダケカンバが、西尾根へ向かう目印との事。ちょうどいい時間だったので一本とる。槍岳山荘が頭上に見えた。
fc2 4
飛騨沢を夏用の赤テープを目印に他のパーティとラッセルして進む。多いところで膝下ぐらい。天気は快晴であったが、沢には陽あたらず、また時折風が吹き、寒い。飛騨乗越の手前は雪が少なく、岩とクラストした雪面になり、アイゼンに履き替える。
fc2 5
空気がちょっと薄くなり、ゼーゼー言いながら進む。稜線に出て、景色を見る間もなく、登る。穂先が見えた。ゴール!!自分とH、初槍です。感動です。雪をまとった穂先は綺麗でした。
ゴールと書きましたが、本当のゴールは穂先です。鎖と梯子を使って(自分は)、無事到着。HとリポビタンDばりに握手。
fc2 6
眼下に北鎌尾根の独標が見えます。いつか登ってみたいですな(絶対冬季は無理ですー)。酒の待つデポ小屋へ一目散に下山。金麦の味は格別でした。
本日の夕食はこれまた定番のまるちゃんの炊き込みご飯+乾燥しいたけ+乾燥わかめに味噌汁。19:00に就寝。

23日は渋滞に巻き込まれないよう、早く帰りましょとの事で4;00起床、5;45出発。滝谷が綺麗に見えた。9:00に駐車場に着き、今回の山行は無事終了した。

追伸
H、ラッセル頑張りましょう

裏妙義 縦走

単独
国民宿舎(8:00?)~木戸~丁須の頭~赤岩~烏帽子岩~三方境~国民宿舎(12:20)

物事には表があれば裏がありますが、山にはあまり無い。私の乏しい知識ではここ裏妙義以外に出てこない。
てな事で09年11月1日の本日、裏妙義を縦走してきました。表妙義と比べると鎖場も少なく、容易で、結構な人増の方々が登られておりました。
えっ、丁須の頭登ったかって。勇気が無く、最後のところはダメだったよ。
おまけにしょっぱなで道迷って15分くらいロスした!
人としての芯が弱さと判断力のなさを痛感!!

fc2 1
丁須の頭
fc2 2
国民宿舎より裏妙義全景

下ノ廊下

メンバー:Kさん、KOさん、KURA
9/19 宇奈月温泉~欅平~(水平歩道)~阿曾原温泉(幕営)
9/20 阿曾原温泉~仙人ダム~(下ノ廊下)~内蔵助谷出合~内蔵助平~ハシゴ谷乗越~真砂沢ロッジ(幕営)
9/21 真砂沢ロッジ~仙人峠~仙人池ヒュッテ~仙人温泉小屋~阿曾原温泉(幕営)
9/22 阿曾原温泉~(水平歩道)~欅平~宇奈月温泉

シルバーウイークと良く分からん名前の付いた連休を使って黒部へ。3人の意見を取り入れたプランを練ったら、4日で一つもピークを踏まないトレッキングとなってしまった。
初日の目的は水平歩道と阿曽原温泉。水平歩道は先人が黒部にダムを作るために開いた日本の近代化を築いた歴史の道。岩盤をコの字にくり貫いた索道が続く。途中雪崩の巣になっている沢では150Mほどの隧道があったりと、良くつくったものだと関心した。

fc2 1     fc2 2
fc2 3     fc2 4

欅平駅から4時間30ほどで阿曾原温泉に。ここは工事の産物で温泉が沸き、それを利用した露天風呂が入れる、絶好のキャンプサイト(お金は取られるけどね)。40メートルはある阿曾原の滝も眺められ、風景と温泉で疲れを癒し、明日の長丁場を控え、20時に就寝。

fc2 5     fc2 6

翌日はメインディッシュの下ノ廊下。十字峡や白竜峡など見所満載であった。ここも電源開発のために開かれた歩道であり、よくもまあ作ったものだと頭が下がる。危険な箇所には針金が張ってあったり、足場の悪いところは木道が通っていたりと、困難な箇所はなく面白みに掛けたが、景観は抜群。絶壁につぐ絶壁。すさまじく角度のある谷など、とても上越では見れない自然であった。

fc2 7     fc2 8     fc2 9     fc2 10

冬季黒部縦走の文献で十字峡を渡っている人達がいるが、どうやってこの岩壁を降り、どうやって渡渉し、どうやって登り返しているのか、3人で不思議になった。
6時間半ほどで内蔵助出合に到着。ここは丸山東壁のベースになっているらしく、7張ほどテントが。ここから本日の目的地である真砂沢まで登り。水平ばっかり歩いて来た身には堪えた。途中酒仲間のウッシーさんパーティと出会う。源次郎を登りに来たとの事。だらだらと沢沿いに進み内蔵助平へ。そして急登をへてハシゴ谷乗越に。今回の山行の最高点。とほほ・・・。

fc2 11     fc2 12     fc2 13     fc2 14

ハシゴ谷乗越をしばらく進むと、剣岳が。う~大迫力。もう少し日程があれば、繋げて登りたかった。剣沢にむけ駆け下り、真砂沢のテン場に。11時間半ほどの長丁場であった。本日も20時就寝。
3日目。車が宇奈月にあるので、もどるべく阿曾原温泉へ向け出発。仙人新道をとおり仙人峠に。結構な急登で、体がキツい。だが随所で見られる八ツ峰や三ノ窓雪渓、池ノ平山などが素晴らしい。そのうち登ろうと沸々の闘志が。仙人温泉小屋では露天風呂があるが、これを入ったら気持ちがなえると判断し、源泉に手だけ入湯。適温でした。

fc2 15     fc2 16     fc2 17     fc2 18

傾斜のキツイ雲切新道を降り、仙人ダムで昨日通過した旧日電歩道に合流。阿曾原温泉に。この日も温泉に。ふっ~。幕営料を払いにいくと、小屋番が「11時以降のトロッコは乗れんよ」との事。観光客がワンサカ来るので、予約がないと困難との事。駅でビバークなんてのもやなので、明日の起床は3時と決定。早々に就寝。
最終日、4時半に出発。地の利はあるが、疲労蓄積からかペースはあがらず。気持ちは電車にのらねば~と焦る。結局4時間半ほどで欅平に。何とかチケットを買って一安心すると、わさわさと観光客が。かなり人気なようです。

追伸 宇奈月方面に行ったら、タラ汁はお勧め。絶品です。う~旨かった。

富士山

N、Kura
須走口(19:50)~お鉢(3:50)~須走口(7:50)

7月18日にご来光を拝むべく、同僚Nと富士山へ行ってきました。
当日は天候が悪く、上に行けば行くほど雨と風が強くなる状況。お鉢につき、もしかしたらを期待してご来光を待つも日の出は拝めず。なおピークまで行くにもかなりつらい状況だったので断念し、下山となりました。
登山経験の少ない、富士山初めてのNにとってかなりインパクトの高い富士山となりました。

夏は今回で三度目であるが、今回「富士山ってすげーなー」って再認識したことを幾つか。
①渋滞 吉田口との合流から頂上まで、ずっと渋滞。すさまじいの一言。3歩あるいて立ち止まる感じでした。
②気象 富士山は風が強いと石が飛んでくると聞いていたが、本当だった。突風とともに石つぶてが飛んできた。
③誰もが富士山 日本人に生まれたからにはという意見は結構多い。当日老若男女、様々な人が。また目や耳の不自由などハンデを持った方も見受けられた。魅力的な山である。


fc2 1
6合目?の小屋の看板。思わずパチリ。
fc2 2
お鉢でのN。ご来光は見れず残念だったが、満足の様子。
fc2 3
7合目ぐらいで笠の下に。雲海が綺麗です。

谷川連峰 馬蹄形

メンバー:KA、KURA
白毛門駐車場(3:05)~白毛門~笠が岳~朝日岳(6:38)~清水峠(7:51)~七ツ小屋山(8:54)~蓬峠(9:30)~武能岳(10:20)~茂倉岳(12:00)~一ノ倉岳(12:33)~谷川岳(13:44)~車道(15:34)  総計12時間29分

先週のリベンジを果たすべく、6月27日に谷川連峰・馬蹄形を完歩しました。

縦走途中でKAさんは「これは修行だな・・・」と。まさにぴったりの言葉です。誰が始めたか1DAY縦走。未熟な私にとって辛く、通常であれば下山した時に湧く達成感や充足感は全く無く、もう歩かなくても良いとの安堵感のみ。余裕のないハードな山行となりました。

同行してくれたKAさんには感謝。俺がへばらなきゃもっと早く降りられたのにね。すいません

fc2 1
概念図。
                  fc2 2
                  前回の敗退ポイント、白毛門。
fc2 3
朝日岳。笠ケ岳の頂上で単独学生に抜かれる。曰く「土合を4時にスタート。馬蹄形をして12時半の電車に乗る」との事。すさまじいスピードで駆け抜けていきました
                  fc2 4
                  清水峠非難小屋にて。水場の一杯に力をもらいました。
fc2 5
蓬峠。ここら辺りから登山者に出会いだす。大学ワンゲラーが4組ほどいた。
                  fc2 6
                  芝倉沢。スキー滑降している時同様に上からみても格好よし。
fc2 7
蓬峠から茂倉岳の登りでかなり足にきだした。効果は分からぬが今回の秘密兵器を塗り塗りしながら行く。完歩できたから効果ありでよいですかね、KAさん?
                  fc2 8
                  天気は終始ピーカン。一ノ倉岳の手前で力が抜け、10分ほど横になる
fc2 9
体調も回復し、谷川岳へ。頂上はものすごい盛況。この時期って人気あるんですね。
                  fc2 10
                  西黒尾根のくだりで完全に足にくる。だましだまし歩いて何とかゴール。


追伸:翌日の筋肉痛を覚悟し、朝目覚めるもほとんどなし。人間の体ってよく分かりませんね。

白毛門~巻機山 縦走

メンバー:Mさん、KURA
5月2日 白毛門登山口(7:30)~白毛門~笠ケ岳~朝日岳~JP~大烏帽子山~テン場(15:30)
5月3日 テン場(5:50)~檜倉山~柄沢山~米子頭山~分岐~巻機山(12:00)~桜坂(14:10)

群馬県境縦走の一部区間を歩いてきました。谷川方面の山域は踏破しておきたかったので、大変良い思い出になりました、

fc2 1

朝、白毛門登山口までHに送ってもらい(感謝!)、重い荷物を背負って登りはじめ。雪はまったくなく、松ノ木沢の頭の手前ぐらいから出始める。巻機山まで雪があるのか不安になる。

fc2 2

3時間かからずに頂上へ。笠と朝日に雪がありほっとする。右側に3月に降雪で断念したウツボギ沢が。滑りたい衝動に駆られる。

fc2 4

朝日岳で大間々山岳会の4人パーティと話す。越後駒まで行くという。遠い、う~巻機山の我々は情けなくなる。しかし彼らは到達できたのかどうか。

fc2 5

ジャンクションピーク。ここからが県境のスタートであるが、登山道は整備されていない踏み後程度のルート。笹の原を蹴散らしながら大烏帽子山へむけて下る。

fc2 6

大烏帽子山のピーク。三角点があるのみ。本日の目標は達成できたので、頂上より少し下がったところで幕営。

fc2 7

あけて5月3日、5時50分にスタート。アイゼンをきしませ進む。二日目という事もあり、体もなれ順調に進む。2時間ほどで柄沢山に。巻機山が近い。

fc2 9
米子頭山より。あともう少し。

fc2 10

頂上に12時に到着。休憩していると、巻機山~丹後山にいくH隊長・Hチームと合う。お互い検討をたたえる。あとはかって知ったる井戸尾根。雪を蹴散らしながら14時過ぎに桜坂駐車場に。待機してくれていたAさんの車で帰宅した(感謝!)。

一部藪漕があり難儀したが、全体的には雪の上を歩けたので楽であった。無雪期ではかなり時間がかかるであろう。しかしこのルートの東面にはスキーにもってこいの斜面が多い。今度はスキー縦走で抜けてみたい。

稲包山

群馬県境踏破シリーズ。
今回は上越国境、稲包山まで。雪の状態では届かないかなと思われたが、結構しまっていたのでトレースがまったく無い状態であるがほぼ夏道のタイムで頂上を踏む事ができた。

稜線沿いのルートのため雪庇を横目に登るのだが、踏み所が悪かったのか「バキ」と何度か雪面を破断させてしまった。この音には生きた心地がしなかった。

ガスっていたため眺望はあまり良くなかったが、人気がないので、我々だけの静かな山行となった。
白砂山までのこの続きをいつかやらねば。

三国トンネル脇駐車場~三国峠~長倉山~キワノ平ノ頭~稲包山~ムタコ沢~赤沢スキー場

fc2 1
三国トンネルを越えた所にある、新潟県側の登山口
fc2 2
峠にある三国権現 
fc2 3
稜線に沿って進むため、雪庇が頂上付近まで延々と続きます
fc2 4
頂上
fc2 5
地図に無い廃道?をムタコ沢沿いの林道にむけ下降

尾瀬・大清水

私は当初メンバーだったのですが、諸事情によりキャンセルになった山行のサポートをしてきました。今回仲間が挑戦しているのは、大清水~物見山~日光白根山~皇海山~袈裟丸山の4泊5日。少し前に降った降雪と年末寒波でかなりの苦労が伺えます。
全く人が入っていないと予想されますので、大部分を自力でトレースしなければなりません。完登できればよいですね。
スタートとゴールの場所がかなり離れているため、車でのサポートが必要であり、次は3日に降りてくるであろう、袈裟丸山にビールを持って迎えに行きます。

fc2 1
戸倉温泉の駐車場からスタート
fc2 2
除雪された林道を8キロ歩くと、大清水に到着
fc2 3
当然ながら小屋は営業しておらず
fc2 4
大清水からひたすらラッセルで袈裟丸山までを目指します がんばれ!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。