FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南沢大滝・小滝

2月24日(水)
メンバー:KOさん、KURA

美濃戸に行く道は①白樺湖経由、②野辺山経由とあるが、どちらが合理的なのであろうか。時間、距離、燃費、道路状況、情景etcと要素は多々ある。常に答えを出せないままの気分で選択・・・まっ、いいか。


てな事でうちの会社の特殊事情休日を使ってKOさんと氷登り。南沢は両人とも初めて。美濃戸からの登山道が氷結していて非情に悪い。アイゼンをつけるのも面倒なので、両脇の残雪をフルに使ってなんとか到着。

fc2 1
まずは小滝から。えってぐらい氷が無い!自分の持っているガイド本は両脇にびしっと氷が張っているのに・・・今年は何処にいっても悪いですね。
傾斜は80度ぐらい。ここは自分が何とか出来そうだったので、リード。トップロープを張り、各自3本ほどずつ。

fc2 2
次に大滝。おっ高!と思うも、こちらもやはり氷が無い!ガイド本じゃ岩出てないのに・・・。中間までは70度ぐらいの傾斜で、中間よりは上部は90度。真ん中は青光りしているブルーアイス。バイル刺さるんかしらと不安に。

fc2 3
KOさんリードで登る。中間まではランニング1本で楽々いくも、上部はやはり氷が硬いらしく、バンバン打ち込む。こりゃ厳しいか何て思いながらビレーしていたが、結局上部もランニング1本で抜ける。
トップロープをセットしていただき、クライミング。群馬近辺の氷と違って、八ヶ岳は硬い。数回バイルを振らなければ決まらず、腕が非情に消耗した。ちょっとしたハプニングもあったが、両人とも2・3回登り、明日は仕事なんで早めの撤収となった。

fc2 4
何かは分からないが、雪をかぶった山が望めた。
20代の若い頃、有雪の北アルプス・笠ケ岳に感動して山を始めた事をふと思い出した。(まだ登ってませんが・・・)
スポンサーサイト

ウメコバ沢

2月21日(日) 晴れ
メンバー:KOさん、KURA

私用で金・土曜日と東京にいた。そこにあるのは「ビル・人・喧騒」。
日曜日にウメコバ沢に行った。そこにあるのは「山・鹿・静寂」。
諸氏はどちらか選べと言われたらどちらを選ぶであろうか。迷うことなく後者を選ぶ自分はお馬鹿さんでしょうか。

という事で鹿パラダイスの松木沢を通ってウメコバ沢を登ってきました。以前黒沢は岳連の講習会で登ったことがあったが、ウメコバ沢は初めて。シーズン終盤との事で夏小屋沢の1パーティにしか会わず、快適なクライミングとなりました。
公園のゲートから一時間半ほどでウメコバ沢の出会いに到着。F1は未氷結で左岸に掛かっているFIXを頼りに登る。続いてF2もダメ。ここもFIXで。

fc2 1
しばらく河原歩きが続き、F3が現れる。30Mぐらいか。先週登ったパーティの記録では、真ん中に水流が出ていたとの記録があったが、先週の寒気でどうやら再び氷結したらしい。右のラインを登る。

fc2 2
終了点はしっかりとしたものがあった。終了後五分ほど河原を歩く。

fc2 3
つづいてF4。ここもF3同様30Mはあろうか。氷結状態はまあまあ良く、左ラインをとる。落ち口はうすく水流が目視でき、少しビビる。

fc2 4
F4より上を確認したく登るも、河原が延々と続いている模様。時間も程よい頃合だったので、ここまでで終了。数ピッチ懸垂をして松木沢まで戻った。

fc2 5
ここは奈良公園かってぐらいにいる鹿・鹿・鹿。鹿鍋くいたいな~。誰か食わしてくんねーかなあ。

霧積温泉 隠れ橋・温泉奥

2月11日
KOさん、H、Kura

早朝、裏谷急沢を登りに現地にいくと、F1に全く氷が付いていなく、上部の状況に一抹の不安を覚えたため、変更して霧積温泉に。ぜひとも登っておきたかったルートであったので、来シーズンに期待。

裏谷急沢と違い、霧積は凍っていた。まずは隠れ橋。初めてのルートであるが、自分が頑張ってリードし、トップロープをセット。おのおの一本のぼり、次に右手奥にあるルートをKOさんリードで1ピッチ。その上の2ピッチ目を遊んでいるところで降雪が。枯葉と岩が雪化粧になり、風情が増した。

fc2 1
隠れ橋
fc2 2
全く氷の無いところを果敢に攻めるKOさん(この後落ちました↓)

隠れ橋を終えた時間が14;00ぐらいであったが、最近モチベーション↑のメンバーを意を汲んで、そのまま車を走らせて温泉奥に。左側を自分、Hがリードし、KOさんが右の氷柱にトップロープをセットし、パーチカルを楽しんだ。

fc2 3
Hはアイスクライミング3回目にして、リードしてます。うまいっす。
fc2 4
Hはこの後テンションがかかり、ちょっと嬉しくなった
fc2 5
先月来た時よりも細ってます。今シーズンあと何回アイスが出来るだろうか?

神津牧場

今年から本腰入れてアイスクライミングを始めた私ですが、代休が取れたことを幸いに、KOさんを誘って本日1月27日、神津牧場に行ってきました。通勤時間帯に会社に向かわず、山に向かってることに罪悪感を感じましたが・・・

平日という事で我々以外には誰も来ず、ゆったりとした時間をすごせました。氷の状況ですが、昔はバーンと2本氷が張っていたような気がするのですが、どうもか細い。ここは南向きなんで温暖化の影響をもろに受けるのであろうか。あと気になったのがアプローチ。倒木が多く踏み跡をふさいでいます。
fc2 1

まずはチェロキーで手&足慣らし。自分がリードするも最後の詰めがいやらしく敗退(情けなし!)。KOさんが変わって完投。
fc2 2

次にアパッチをKさんリード。安定した登りです。トップロープを張ってもらい、上まで2本登る。バーチカル難しいねえ。がっちりアックス決めて、ばこっとアイゼン決めんと登れましぇーん。
fc2 3

アパッチを登ったついでに、シャイアンに架けかえてトップロープ。こちらのが斜度がゆるく、まだ登りやすいが最後が悪い。KOさんは岩を叩いてしまい、刃が欠けてしまい、がっくり来ておりました
fc2 4

貧乏神の氷瀑

Kさん、Eさん、H、KURA

ICIのM店長情報を元に西上州の貧乏神の氷ばくにを登ってきました。4人とも誰も行ったことがないため、中野集落をうろうろと探しましたが分からず。結局民家へヨネスケばりに「突然訪問」を掛け、親切なおじいさんから「下垂の滝」ていうのはあるぞ~との情報をいただき、たぶんそれだろと辺りをつけ現地に行くとネットで見た滝がありました。敗退せずにすんだと皆で一安心。

fc2 4

滝自体は合計3ピッチであり、傾斜はあっても短い75度くらい。F1が45Mぐらいあって長いが、全体的にゆるいので初心者・初級者がリードの練習をするのに向いてます。
F1にトップロープを張り、時間の制約でEさんは1回で他3人は2回のぼり、F2に行く。

fc2 1
F1の出だし。
fc2 2
F1中間部。
fc2 3
F2は段々の70度ぐらい。

F3もたいして難しくなく、終了となった。ただ終了点からの下山が悪い。踏み跡らしきもをトラバース気味に行く。落ちたら沢に転落。気が抜けませんでした。
アイス初めての遠藤さん曰く「アイスより下山のが怖かった」とのコメントを頂ました。

アプローチの林道が結構悪いので、4WDでないとかなりキツイです。

霧積温泉 アイスクライミング

Kさん、Kura

 平均年齢60歳後半の3人組(そのうち1人は71歳とのこと!)パーティがあとからやってきて、その内の一人がさくさく左側の斜面から高巻いて、一番右の氷柱にトップロープを掛け、降りてきました。そして3人が垂直の氷をガシガシと上まで登っていました。このおじーさん達に感服!オレもあとウン十年、山で遊ぶぞー。


本題ですが、氷の状況は過去の経験からするとまだまだで、一部薄い所もありましたが十分に登れます。しかしアイスは難しい。本腰入れて、そろそろ道具に頼ろうかしら・・・

fc2 1
Kさん
fc2 2
全景

春日渓谷

KOさん、KAさん、H、KURA

敗退!

ガイドブックどうりに、春日温泉から川沿いの林道を車で進み・・・さらに車を降りて歩けど歩けど氷滝見当たらず。
羽衣の滝は何処?春日渓谷に居るはずなのに・・・なぜ?
2時間歩いて敗退を決意。

追伸 もうちょい歩けばあったそうな。

神津牧場

Kさんと神津牧場にアイスクライミングに。小生、山系の遊びの中で一番苦手。リードなんてもってのほか、トップロープでも満足に登れない。この遊びはあきらめよう。

状態はこの時期としては悪い。例年もっと発達していても良いのだが。雪も全くない。絶対に温暖化の影響でしょうね。

ただ収穫として入門の砦より上部に行けたのは良かった。ナバホは氷結が不十分で登れなかったが、迫力あり。来年挑戦してみよう(当然トップロープ。Kさん来年もよろしくです)。

fc2 1
入り口の道路が凍ってない!こんなの初めてだ~
fc2 2
入門の砦 水がじゃーじゃー流れてました
fc2 3
ナバホ
fc2 4
シャイアン

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。