スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山スキー場

有休が取れたんで、U氏と人生初10月にスキーをしに、狭山スキー場に行きました。
狭山行くのはお互い初めて。都心に近いところに300㍍のコースがある事は驚きですね。スキー場自体の評価はおいといて、10月にスキーが出来ることは大きな喜びでした。
5月を最後にテレマークしてなかったんで、感を取り戻すような滑りに終始しました。

fc2 1
リフト まったく雪のないのは違和感ありますね 室内じゃしょうがないか
fc2 2
ゲレンデ U氏と初めてご一緒したが、スノボー旨いっす
スポンサーサイト

倉門山

群馬県境踏破シリーズ。
前回の続きで、西へすこし伸ばすことが出来た。あまり歩かれていないルートであるが、迷わない程度(一度間違えたが)に踏み跡があります。紅葉のこの時期に歩くにはベストなルートですね。

旧鉱山集落~赤岩尾根~雁掛峠~1443ピーク~1510ピーク~六助~倉門山~大山~天丸橋

fc2 1
天丸トンネル付近にある岩場。ボルト打ってあったので、誰か開拓中?すごいルーフです。
fc2 2
振り返ると先週登った赤岩岳が。
fc2 3
見事なサルノコシカケ。
fc2 4
1510のピークから。紅葉が綺麗。
fc2 5
今回の縦走の最高地点。展望はなし。
fc2 6
天丸橋への帰路。一面の落ち葉の絨毯。

赤岩尾根

群馬県境踏破シリーズ。
今回の赤岩尾根は岩場が頻繁に出てくるちょっと面白いルート。我々以外にも3パーティおり、結構な人気。紅葉が綺麗で、冬に向けてのトレーニングには最適でした。
なお今回は結構巻いてしまったが、次回は全て直登してみたいですね。
集落跡~赤岩峠~赤岩岳~1,583ピーク~P4~P3~P2~P1~蓬莱山~車道~公民館

fc2 1
ニッチツ鉱山の集落跡からスタート。栄枯盛衰。
fc2 2
40分ほどで赤岩峠に。県境踏破の為には、またここに来ねば。
fc2 3
赤岩岳への登り。紅葉が綺麗でした。
fc2 4
P2へ向けてのクライミング。トラロープが張ってあるが、使わずに登れます。P4、P3は絶対に抜けているのだが、何処だか分からなかった。
fc2 5
P1。直登出来るのだが、簡単なルートで登ってしまった。
fc2 6
県境踏破の為には、P1から蓬莱山に行かねばならない。地図を頼りに道無き道を行く。途中ルンゼにあたり、今回初めてザイルを出す。
fc2 7
帰路の八丁隧道。面白い写真が撮れました。

トレーニング① 1:30

本日は某所へ体力向上のためのトレーニング。
通常3:15(登山地図から)かかる山を1:30で登りきりました。

昔、翌日は天気が荒れるのが分かっていて、その日に下山しようとしていたが、真砂沢滑降後、剣沢を登り返すのに、体力がなくペースダウン。ヘロヘロで雷鳥沢のテン場に帰ったがバスは発車してしまい、時すでに遅し。夜中、暴風雨が襲来。フライが飛ばされたテントが浸水したりと散々な目に。
体力さえあればこんな目に合わずにすんだのにとすごい後悔したものです。

山を楽しむためにはまず体力です。

fc2 1
すすき

二子山・諏訪山

群馬県境踏破シリーズ。
今回は半分以上登山道があり、比較的歩きやすかったです。しかしGPSがあっても迷いました。地図が頭に入ってない証拠ですね。
矢久峠~二子山西岳西方稜線~魚尾道峠~志賀坂峠~諏訪山~八丁峠手前駐車場

fc2 1
自然のなせる業。幹の丸まった杉
fc2 2
西岳稜線へむけての登り。ふみ跡しっかりしてます。
fc2 3
高度感抜群の稜線。両側切れてます。落ちたら死ぬでしょう。
fc2 4
魚尾道峠方面から見た二子山。フリークライミングのメッカです。
fc2 5
前々からヌタ場は要所要所にあったのですが、今回は熊の痕跡バッチリ。糞も二箇所ありました。出会いたくないものです。
fc2 6
展望なしの頂上。皆様、6時間の行動お疲れ様でした。

父不見山

群馬県境踏破シリーズ。
前回、道迷いした場所が分かった。本当にちょっとした分岐であり、もちろん道標は無し。こりゃ分かりにくいわ。
西上州は峠にだいたい祠があります。昔は交通の要所であり、安全を祈願したものでしょうか。
志賀坂峠~竹ノ芽山下部~志賀坂峠~杉の峠~父不見山~坂丸峠~矢久峠

fc2 1
志賀坂トンネル。この上に稜線があります。道路から稜線に出るのにキツイ藪漕ぎでした。
fc2 2
ここまで登山道はなし。
fc2 3
山栗が結構落ちてます。鹿や熊の貴重は食料です。
fc2 4
矢久峠にひっそりと佇む観音様。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。