FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川連峰 馬蹄形

メンバー:KA、KURA
白毛門駐車場(3:05)~白毛門~笠が岳~朝日岳(6:38)~清水峠(7:51)~七ツ小屋山(8:54)~蓬峠(9:30)~武能岳(10:20)~茂倉岳(12:00)~一ノ倉岳(12:33)~谷川岳(13:44)~車道(15:34)  総計12時間29分

先週のリベンジを果たすべく、6月27日に谷川連峰・馬蹄形を完歩しました。

縦走途中でKAさんは「これは修行だな・・・」と。まさにぴったりの言葉です。誰が始めたか1DAY縦走。未熟な私にとって辛く、通常であれば下山した時に湧く達成感や充足感は全く無く、もう歩かなくても良いとの安堵感のみ。余裕のないハードな山行となりました。

同行してくれたKAさんには感謝。俺がへばらなきゃもっと早く降りられたのにね。すいません

fc2 1
概念図。
                  fc2 2
                  前回の敗退ポイント、白毛門。
fc2 3
朝日岳。笠ケ岳の頂上で単独学生に抜かれる。曰く「土合を4時にスタート。馬蹄形をして12時半の電車に乗る」との事。すさまじいスピードで駆け抜けていきました
                  fc2 4
                  清水峠非難小屋にて。水場の一杯に力をもらいました。
fc2 5
蓬峠。ここら辺りから登山者に出会いだす。大学ワンゲラーが4組ほどいた。
                  fc2 6
                  芝倉沢。スキー滑降している時同様に上からみても格好よし。
fc2 7
蓬峠から茂倉岳の登りでかなり足にきだした。効果は分からぬが今回の秘密兵器を塗り塗りしながら行く。完歩できたから効果ありでよいですかね、KAさん?
                  fc2 8
                  天気は終始ピーカン。一ノ倉岳の手前で力が抜け、10分ほど横になる
fc2 9
体調も回復し、谷川岳へ。頂上はものすごい盛況。この時期って人気あるんですね。
                  fc2 10
                  西黒尾根のくだりで完全に足にくる。だましだまし歩いて何とかゴール。


追伸:翌日の筋肉痛を覚悟し、朝目覚めるもほとんどなし。人間の体ってよく分かりませんね。
スポンサーサイト

谷川岳 一ノ倉沢南稜

KOさん、KURA
6月13日に一ノ倉沢南稜に行ってきました。当日はが午後から予想されていたため、早く降りようと決め、駐車場を7時に出発。

fc2 1

雪渓を辿り、テールリッジに。ここからは落ちたらヤバイので慎重に。経験の差かKOさんは慎重かつ早い。上手いです。上部のFIXは新しいザイルが張ってあり安心度が増す。中央稜の基部でメットをかぶり、南稜テラスへ。途中「落」の大声が聞こえ、前上方をみると頭台の石がすっとんで行った。げにオソロシや・・・

fc2 2

テラスに着くと十数人が順番待ち。KOさんが「こりゃ2時間待ちだな」と。実際本当に待ちました。人気ルートの宿命ですね。そろそろ出番かという時に何とが!岩はビショビショで、こりゃ撤退かとなり、カッパを着込んでザイルを片付けると、薄日が。通り雨だったらしく、気を取り直していざスタート。
1ピッチ:KOさんリード チムニーの処理が面倒
2ピッチ:KURAリード ホールドも有り、簡単

fc2 3

2ピッチ終わり、上部を見ると4ピッチ目のところで渋滞が。先行パーティが難儀しているのと下降するパーティとで一向に進まず。ここでも一時間以上待たされる
3ピッチ目:KURAがザイルをずるずる
4ピッチ目:KOさんリード
5ピッチ目:KURAリード 南稜で一番美味しい馬の背リッジ。いやあ爽快でした!
6ピッチ目:KOさんリード 先行パーティに譲ってもらったので、ピッチを切らず、また雨が降り出したのでそのまま終了点に。KURAは最後のフェイスがビショビショで根性が足りなのでヌンチャクをつかんで登る。残念!!

fc2 4

下降は6ルンゼを懸垂。支点にペツルが打ってあり、安心。ちと一ノ倉らしくない。

fc2 5

2度雨に降られたが、帰路は大分乾いていてさほど難しくなく降りることが出来た。駐車場には16:30着。南稜自体はさほど難しくないが、テラスまでの落石回避および渋滞回避が肝である。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。