FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星穴岳

KOさん、H、KURA 

星穴岳。何と素敵な名前だろうか。由来は分からんがネーミングで引かれ、また登山道の無いルートとの事でこりゃ行かねばとプランを立てたところ、いつものメンバーが賛同してくれたので、行ってきました。

fc2 1
妙義の道の駅に車をとめ、中之岳神社より入山。この階段がキツかった。ここから西岳の鞍部を目指して登ります。鞍部の手前に一箇所鎖場あり。鞍部につくと星穴岳方面はロープが張られ、入山抑制となっていた。ここでハーネスをつけ、出発。

fc2 2
途中10Mほどの岩場があり、ノーザイルで登る。もち手は大きくまったく難しくない。ここを過ぎるとやせた5Mほどの岩尾根があるも、FIXが張ってある。念のためカラビナをかけて進む。

fc2 3
次に10Mほどの横トラバース。ここも難しくなくノーザイル。

fc2 4
西岳頂上。眼下に星穴岳が眺望できる。カッコイー

fc2 5
西岳を下降し、しばらく行くと岩壁にぶつかり、そこを右へ急なくだりとなる。木にかなりスリングがかかっており、懸垂ポイントらしい。はじめ確保なしで下るが、思ったよりもいやらしいので、登りかえして懸垂を行った。思ったより長く、2ピッチ。岩壁の下まで行くと、左へ回り込み、さらに下降する。

fc2 6
途中4人の中年パーティと出会う。星穴新道方面より来たらしく、星穴が見つからず右往左往しているとの事。こちらのルートを説明すると、なんとなく我々の後をついてきて、岩小屋で一緒に休憩となった。

fc2 7
ここから100Mほど岩をへつるように横に進む。途中ペツルが打ってあり、FIXをはるパーティもいるようだ。
最後15Mほど登ると稜線に出た。岩にスリングがかなり掛かっており、どうやら穴への下降ポイントらしい。ただしあと少し行くと頂上なので、先に進む。最後KOさんが1ピッチ登り、頂上へ。標識は何もなく、頂上かは分からないが回りを見渡すと、一番高いので頂上とする。

fc2 8
先ほどのスリングに戻り、懸垂。20Mほであるが空中懸垂となり、かなり楽しい。穴は小さく、二つあるうちの一つ射抜穴と断定。そこからさらに50M懸垂。こりゃ長かった。

fc2 9
懸垂の途中にでも次の穴があるのかと期待したが、無し。Hが左手のルンゼを登り探しにいくと、あった。先ほどよりもかなりデカイ。星穴である。妙義山塊の風景にはいつもやられる サイコー

あとは道の駅を目指して、山のなかを左を意識して進む。途中赤テープが随所に出てきて、それ通りに進むとドンピシャで中之岳神社に着いた。
スポンサーサイト

槍ヶ岳

11月21日 新穂高駐車場(11:00)~穂高平非難小屋~白出沢出合~滝谷出合~槍平小屋(15;30)
11月22日 槍平小屋(5;30)~千丈分岐点~飛騨乗越~槍ヶ岳(12;00)~(下山同じ)~槍平小屋(15;30)
11月23日 槍平小屋(5;45)~新穂高駐車場(9;00) 

KOさん、H、KURA

11月21日~23日の連休にプレ冬季山行をすべく、槍ヶ岳に登ってきました。山を始めて結構たちますが、初の槍です。

21日は槍平小屋までの予定のため、ゆっくりと朝6時に出発。渋滞も無くスムーズに進む。沢渡あたりからちらちら雪があり、安房トンネルを過ぎると結構な雪が。こりゃ今日は大変かなと思っていたが、新穂高の駐車場では降っておらず。ちょっと拍子抜け。
そそくさと準備をしていざ出発。林道はほとんど雪がなく、穂高平非難小屋へ。久々のプラブーツ重荷はつらい。。。程なくすると雪が出てきて、靴の跡を発見。先行パーティが居る様である。白出沢出合の非難小屋は無くなり、トイレになっていた。
ここからの登山道には薄く雪がのり、かえって歩きづらい。雪が増えることを期待しつつ進むも、滝谷非難小屋についてしまった。天井が一部落下しており、とまるのに躊躇するような感じである。滝谷はまだ水が流れており、濡れぬように慎重に渡る。多少雪が増えるも先行者のおかげで、トレースはばっちりで、本日の目標の槍平に到着。小屋を他3パーティとありがたく使わせていただく。
本日の夕食はカレー。Hがそのまんま家庭カレーを持ってきてくれ、いつもの生米を炊き、腹いっぱいとなった。寒すぎてビールがはかどらない中、19:00に就寝。
fc2 1
途中の飛騨沢

明けて22日は4;00に起床。定番のまるちゃんのカレーうどんをたべ、荷物をデボし5:30に出発。先行パーティの踏み跡をありがたく使わせてもらう。槍平からは積雪は多く、冬山らしくなってきた。先行パーティに前を譲ってもらい、ワカンを履いてラッセル。まさか11月にラッセルをするとは思っていなかった。体がなれておらず、足の付け根が痛い・・・。
fc2 2
千丈沢乗越西側のピークが見えた。もうすぐ槍が見えるはずである。
fc2 3
正月など冬季は通常中崎尾根もしくは大喰岳西尾根をつかって登られるが、今回雪がすくないので、飛騨沢を詰めることに。KOさんに教えていただいたこのダケカンバが、西尾根へ向かう目印との事。ちょうどいい時間だったので一本とる。槍岳山荘が頭上に見えた。
fc2 4
飛騨沢を夏用の赤テープを目印に他のパーティとラッセルして進む。多いところで膝下ぐらい。天気は快晴であったが、沢には陽あたらず、また時折風が吹き、寒い。飛騨乗越の手前は雪が少なく、岩とクラストした雪面になり、アイゼンに履き替える。
fc2 5
空気がちょっと薄くなり、ゼーゼー言いながら進む。稜線に出て、景色を見る間もなく、登る。穂先が見えた。ゴール!!自分とH、初槍です。感動です。雪をまとった穂先は綺麗でした。
ゴールと書きましたが、本当のゴールは穂先です。鎖と梯子を使って(自分は)、無事到着。HとリポビタンDばりに握手。
fc2 6
眼下に北鎌尾根の独標が見えます。いつか登ってみたいですな(絶対冬季は無理ですー)。酒の待つデポ小屋へ一目散に下山。金麦の味は格別でした。
本日の夕食はこれまた定番のまるちゃんの炊き込みご飯+乾燥しいたけ+乾燥わかめに味噌汁。19:00に就寝。

23日は渋滞に巻き込まれないよう、早く帰りましょとの事で4;00起床、5;45出発。滝谷が綺麗に見えた。9:00に駐車場に着き、今回の山行は無事終了した。

追伸
H、ラッセル頑張りましょう

榛名黒岩

11月15日
Tさん、Y宴会部長、KOさん、Kさん、Sさん、H隊長、ウッシー、H、KURA

昨日の宴会の後片付けをした後、黒岩に移動。快晴で気温も高く絶好のクライミング日和。ただ昨日の酒のせいで、下痢気味の人や二日酔いの人など体調は万全ではなかった。
駐車場はすごい数の車であり、岩場は大盛況であった。

今回メンバーが9人と大人数(今回はなんとY宴会部長までも参加)のため、何箇所に分かれてのクライミングとなった。
今回皆でとりついたルートは以下の通り。
 ・あの日に帰りたい 5.8  ウッシーリード
 ・黒岩老眼鏡 5.10c  Kさん難なくRP
 ・アックスの涙 5.10c  Kさん難なくRP
 ・インビテーション 5.11b  難しかったそうな
 ・岳友会 5.9  H、残念!

fc2 1
アックスの涙 5.10c
fc2 2
インビテーション 5.11b
fc2 3
岳友会 5.9

宴会

2009.11.14(土)
頭文字Dの舞台の某山中にて今年も所属する山岳会のザイル祭を行いました。
当日の朝は雨と風が強く開催も危ぶまれましたが、午後は一転して晴天となり予定通りに執り行われました。
参加者はA会長をはじめ、H隊長、Yリーダー、Tリーダー、、KOさん、Sさん、H、ウッシー、KURAの9名。
今回は女性の参加が無く料理に関して一抹の不安をかんじつつ、日が落ちる前から準備がスタートしました。
天幕の設営、薪集めと先輩方の手際の良いこと!
PB140062_convert_20091115225527.jpg
↑偉い人が率先して準備!!

PB140066_convert_20091115230038.jpg
↑いい感じで火がつきました。


ここまでは何とも順調。
さあ~いよいよ調理開始!

PB140068_convert_20091115230449.jpg
↑う~ん…地べたでザクザクと…   男の料理…。
ピーマンの種を取ったら、

ずいぶんデリケートだねえ、オレ普段ピーマンの種なんかとらないよ。」byKOさん
……「え・えっ!?」

PB140071_convert_20091115230538.jpg
↑食材をぶったっ切ったら~  鍋に放り込むだけ~♪

PB140072_convert_20091115230636.jpg
ふたを閉めて火にかけるだけ~♪

…って!ふたしまってませんから
やっぱり…男の料理ってこんな感じ…


PB140073_convert_20091115230815.jpg
準備万端!後は暗くなって鍋が煮えるのを待つだけ。
宴会部長のYさんも合流!


なかなか煮えないなべを大きいバーナーに移す。
あれ・・・?  なんだか火の勢い強くない…?

!!!!


PB140083_convert_20091115231028.jpg

そして鍋は炎にのみこまれた!!
PB140084_convert_20091115231118.jpg

と、まあ些細なハプニングもあり夜は更け…
酒と焚き火と仲間達の語らい…
ザイル祭って楽しい!


PB140076_convert_20091115231211.jpg


PB140077_convert_20091115231423.jpg
いつの間にみな寝床に入ったのか…


気がついたら夜が明けてました。

PB150085_convert_20091115231336.jpg

朝はうどん。あったかくてうまかった~!
F1010002_convert_20091116003040.jpg

皆さんお疲れ様でした。

湯川の岩場

H隊長、KOさん、KURA

11月8日に岳連主催のクラッククライミング講習会に参加。
今回の課題は擬似リードのはずだったが、そんな余裕はなく終始トップローパーと化してしまった。
ヘタレの自分の成果はコークスクリューで拳でのジャミングが決まった事。ちょっと嬉しかった。
主催者サイドのH隊長、前橋のTさん、境のMさんお世話さまでした。

fc2 1
バンパイア5.10c

fc2 2
コークスクリュー5.9

追伸
八ヶ岳は真っ黒でした。早く雪よ降れ~

裏妙義 縦走

単独
国民宿舎(8:00?)~木戸~丁須の頭~赤岩~烏帽子岩~三方境~国民宿舎(12:20)

物事には表があれば裏がありますが、山にはあまり無い。私の乏しい知識ではここ裏妙義以外に出てこない。
てな事で09年11月1日の本日、裏妙義を縦走してきました。表妙義と比べると鎖場も少なく、容易で、結構な人増の方々が登られておりました。
えっ、丁須の頭登ったかって。勇気が無く、最後のところはダメだったよ。
おまけにしょっぱなで道迷って15分くらいロスした!
人としての芯が弱さと判断力のなさを痛感!!

fc2 1
丁須の頭
fc2 2
国民宿舎より裏妙義全景

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。