FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒岩

メンバー:KO、KA、I、E、Kura

3月28日、昨日の西ゼンと打って変わっての天気。もうすぐ4月なのに榛名で雪です。無茶苦茶寒いです。手が悴んで、まったく岩の感触が掴めません。
折角来たので、皆んなして頑張って登っていたのですが、降雪が強まり11時45分撤収。
ろくに登れない日でした。
残念。。。

P1010196.jpg
多くのルートが濡れていたので、数年ぶりの「おけら」
スポンサーサイト

西ゼン

3月27日
メンバー:KOさん、Kazu、Kura

元橋~ヤカイ沢左岸尾根~平標山~西ゼン上部~平標新道小ピーク~西ゼン~群大ヒュッテ~土樽駅

サイコー!シーズン終盤にきて、これほど美味しいBCが出来ると思っておりませんでした。

早朝、高速道路より天気予報が外れたようで、谷川連峰が綺麗に見える。現地につくとドッピーカン。天は我々に見方せり。土樽駅にて友人のKazuと合流。一台デポし、私の車で三国小学校へ。

7時40分スタート。前日の降雪が15~20cmほどあるも、先行者のおかげでトレースはバッチリ(感謝)。前回の平標山とは違い、非常に歩きやすい。しかし晴れずぎで暑い!顔から汗がダラダラ。

fc2 1
左岸尾根につくと風があり多少寒い。ここでは膝ぐらいまで積雪がある箇所もあり。筍山、苗場山、遠くに浅間山が望めた。尾根の途中から計画どおり笹穴沢にドロップしようとしたが、風の影響からかあまり良くなさそうな雪面のため、パス。

出発より2時間45分で頂上へ。前回のカリカリ斜面のときよりかなり早い。頂上には我々のほかに2パーティおり、平標山の人気が伺えた。360度の頂上からは仙ノ倉や谷川岳、茂倉岳、大源太山などが綺麗に望めた。

fc2 2
西ゼンのオープンバーンをKazuからドロップ。あっという間に下へ。我々も負けじとドロップ。多少堅い面もあるが、足首ぐらいのパウダーで快適に滑る。
頂上を見上げて、右手の平標新道の小ピークに登り返す。

fc2 3
小ピークより西ゼンにむけて30度ほどのノートラックを滑る。1本目よりよい雪質で、ウハハでした。

fc2 4
KOさん
fc2 5
Kazu

この斜面を撮っていると、デジカメのバッテリーが切れる。とほほ・・・あとは文章のみ。

沢は次第に狭まり、咽の部分は滝が少し出ており危ない。回避すべく左岸にいくと、何と40度を越える斜面が。まずはじめにKOさんが慎重に滑り降りる。柔らかいスラフが発生する。こんなん滑れませーんなんて日和っていると、Kazuはドカーンとかつ雪に圧をかけないようにノートラックの膝パウダーを滑っていく。呆然。私も斜滑降ですこしおり、あとは30度ぐらいのパウダーを堪能。わはは。。。

西ゼンはこの滝の部分で上部と下部に別れております。下部も快適なパウダーが続き、存分に楽しむことが出来ました。そのうち斜度もなくなり土樽駅へ向け、長いクロカンの始まり。一箇所いやらしい渡渉があるも、先行者のトレースのおかげで14時半に下山となりました。

Kazu、Koさん お疲れ様でした。



榛名 黒岩

3月22日
メンバー:Eさん、H、KURA

フリー初心者のEさんと土曜に引き続きHと黒岩へ。
Eさんは岩場初との事なので、ザイルワークと懸垂をまぜた岩登りを練習岩とピラミッドフェイスで。
昼にカップラーメンを食べたあと、西稜をのぼる。ここまでは問題なし。

そして土曜に引きつづき、チェスに取り付く。流石に10aレベルだと歯が立たず、離陸できない。ま、そんな簡単に登られちゃ我々も困りますんで
寒くなってきた所で、最後に夏子(5.8)に。こちらもギブアップ。ま、そんな簡単に登られちゃ我々も困りますんで、ウフフフ

次回から本格的に自分の登りをします


榛名 黒岩

メンバー:H、Kura

3月20日、黒岩に今シーズン初のフリーに行って来ました。
天気は非常によく、眠くなるような陽気。
知り合いのTUさんとTEさんが来ており、情報交換。

雪とアイスばっかりでかなり久しぶりのフリーでしたが、岳友会とチェスに取り付けたんで、良しとします。
アルパインにしろ、アイスにしろ、フリーの努力次第のような気がしておりますので、今シーズン上を目指して岩場通いします。


fc2 1
チェス(5.10a)

白毛門 ウツボギ沢・赤倉沢

3月14日
メンバー:KO、KA、Kura
土合駅~白毛門~(ウツボギ沢滑降)~ウツボギ沢二股~白毛門~(赤倉沢滑降)~湯檜曽川~土合駅

昨年パウダー過ぎでやめた念願のウツボギ沢を滑ってきました。
6時半ごろ土合駅につくと、多くの車があり、停めるのに一苦労。天気は曇り。予報では晴れだったので、そのうち回復するであろう。気温は高く、東黒沢の橋を渡って早々に、Tシャツ2枚に!
昨日のか先行者のか分からないが、トレースはバッチリ。ただ雪が硬く、アイゼンなしではちょっとキツイ。一時間ほど歩いたところで、アイゼン装着。ハナゲノ滝、白毛門大滝共に水がジャージャーと流れている。白毛門沢も一度滑ってみたいが、なかなかタイミングが難しい。

fc2 1
松ノ木沢の頭あたりで序所に先行者に追いつきだす。天気は晴れたり曇ったり。早くピーカンになって、硬い雪面を少し滑りやすくしてもらいたいと皆で談笑。
スタートより2時間45分でトップに到達。まだガスっていてウツボギ沢がよく望めず、何処を滑ってよいか分からない。

fc2 2
準備をして、いざ滑降というぐあいのタイミングで晴れだす。おーいい斜面だ。上部はカリカリで慎重に滑る。

fc2 3
中間部くらいから多少緩むも、テレターンするにはつらい状況なので、アルペンで。この辺で笠ケ岳や朝日岳が望めるぐらい晴れて来た。下部は雪がやわらかく、快適に滑る。
ウツボギ沢の二股まで滑りおり、小休止。ここの景色は絶景。別天地である。ここから400mをつぼ足で登り返す。45分ぐらい。足がかなり埋まり辛い。。。

fc2 4
白毛門直下で、大休止し、赤倉沢からドロップ。雪面は硬いが、オープンバーンを快適に滑る。

fc2 5
上部は快適であったが、中間部にくるとデブリだらけ。右岸からの雪崩が堆積していて、滑りずらい。私はだましだまし降りるも、KAさんは関係なく滑り降りる。何で?
中間部もそこそこ美味しい斜面のはずなのだが、今回はまったく恩恵を受けられず、そのまま下部へ。狭いゆるい斜面だが、ここまでくると足がヘロヘロで、腐れ雪に足がとられ、前のめりでこける場面も。
懸案の湯檜曽川の渡渉もなく、2時20分ごろ土合に到着。充実したBCであった。

fc2 6
雪煙舞う、一ノ倉。冬季登攀できる日はくるのやらどうか。

またもや・・・

右のヘッドランプが切れました。
ほんと立て続けに切れる。
ライト一個で警察にキップ切られるのは馬鹿らしいので直しました。
(というよりは危ないので)

今週 148千キロを更新。
浮気しないから、機嫌を直して、あまり壊れないでね。

遥かなるマッキンリー

今日は尾瀬の大行山にBCを予定していたのだが、天候不順で中止。そうなると晴耕雨読となる(会社員なんで耕さないが)のが、私の常。
古い本ですが、読み終わったのでレポート。

「遥かなるマッキンリー 植村直己の愛と冒険」  中島祥和著  昭和59年6月 講談社

遥かなるマッキンリー


私は植村さんが好きで、彼の本は何冊か呼んでました。ただ彼を第三者が表現した書籍は呼んだことがなく、某古本屋でこれが100円で並んでたので、即ゲット。大学の先輩にあたる著者が副題のとおり「愛と冒険」についてまとめた本です。

彼の冒険はご存知の方が大半でしょうから割愛させていただきますが、単独行で名を馳せたため、意外と思われる方もいらっしゃるでしょうが、彼は非常に人間関係を大事にされ、思いやりや愛情をもって接して来た事がわかります。それを持ってしたからこそ、死して大分たちますが、未だに評価され続ける要因なのではないでしょうか。

山の世界もそうですが、今の時代は競争社会であり、自分自分となりがちですが、結局大事なのは「人」であると再認識させられました。

え~アウトドアには車は必需品という意見の方も多いと思われます。
私にとって車は絶対でありますので、この際つらつらと書いていこうかと。

まずは車の紹介。
私の車は製造から15年ほどたったSUVのディーゼルで、走行距離は147,000キロを超えています。
中古で買って早6年。私の代で10万キロほど走りました。
良く走ってくれるんですが、最近よる年波に勝てないらしく、チョコチョコと故障が・・・
今日、前のスモールと後ろのブレーキランプの交換をしました。

以前雑誌で同型の車が60万キロを超えたとの記事がありました。
果たして何処まで乗れるやら。

黒部へ

ちょっと古い話ですが、昨年に下ノ廊下から帰って来て、買った本です。

志水哲也著  黒部へ  1999年6月 白山書房 

kurobe[1]

黒部には殆ど行ったことがなく、この旅の自分の目的は阿曽原温泉に入ることだった。宇奈月からトロッコ列車に乗り込み程なく行くと、谷の景観にびっくりした。V字に切れ落ちた谷と岩壁のオンパレード。普段沢登りしている上越の谷とは訳が違う。水平歩道でも谷の深さや巨大な滝に感嘆した。

下山後、黒部の興味が冷めなく、ICIでふと手に取ったのが、この本。
黒部に魅せられた作者が、ほぼすべての谷を踏破した記録です。作者の黒部への情熱が生き生きと書かれ、読み進めるうちに、自分も黒部の谷を遡行してみたいと思わせられました。

著者ほど登攀技術がありませんので、この夏にまず手始めに手頃な赤木沢にでも行ってみたいですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。