スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武尊沢

6月26日、Eさんと武尊沢に沢登りに行って来ました。当日は梅雨らしく と生憎の天気でしたが、ほどほどの水量と絶景で沢登りを満喫できました。

5:30に太田を出発。7:30に武尊神社をスタート。剣が峰につづく登山道を辿り、手小屋沢非難小屋への分岐を過ぎ、いくつかの沢を渡り、8;30に入渓点へ。他の沢と異なり、大きく広いので分かりやすい。ガイド本には水量は乏しいように書かれていたが、我々には十分 

準備をして9:00に入渓。はじめはゴーロ帯が続き、足慣らしにはちょうど良い。前回のカレ沢の妙義とちがい水のある沢に満足げのEさん。ガシガシ登っていきます。

P6250177_convert_20100626211447.jpg
最初の10Mナメ。ここを過ぎると頻繁にナメが続き、どれがF1だか分かりませんでした。結構な割合でガレた石や木があり、少し興ざめ。ほどなく行くと小さいスノーブリッジが。小さくでも緊張しいしい下を潜って行く。

P6250183_convert_20100626211628.jpg
ほっこれで終わりかと安心しきって程なく進むと、20Mぐらいのスノーブリッジがしかも終了間際に4Mほどの滝がかかっている。いやだなと思うが、まあ先が見えるからマシかと気をとりなおし、ヒヤヒヤしながらクリアーする。

P6250184_convert_20100626211704.jpg
しばらくナメ床がつづき、F3-8Mへ。トポにはナメと書いてあったが、どう見てもナメでは無い。どうやら形状が変わってしまったようだ。水線通しでも行けそうであったが、ホールドの大きい、右から登る。Eさんもフリーで突破し、練習の成果が現れておりました。

P6250186_convert_20100626211742.jpg
次の3Mを登ると、ベンチのような石があったので休憩。ここで水を採る。後ろを振り向くと獅子ケ鼻山が綺麗に見える。ここからは両岸が切り立っており、絶景。ハイキングではまずお目にかかれない景色が広がっていた。

P6250190_convert_20100626211816.jpg
快適なナメ床を進むと25M-4段の滝に。左側がホールドが多く、快適に登れる。一本新しいハーケンが打ってあったが、まず使う必要なし。

F5-8Mは非常に脆く、岩がボロボロ取れる。慎重に登ると分岐となる二股が。トポではここを左と書いてあったので、進むとどうもおかしい。F6が無い。どうやら二股ではなく、過去にガレ箇所が二股に見えたようだ。右へ右へトラバースしていくと、F6発見。F6はオーバーハングしており、直登は不可能なので巻くことになっていたので、結果オーライとなった。

後は乏しい踏み後の急登を登り、最後に今年初の藪漕ぎを少しすると、登山道へ。一般ハイカーにバッチリ遭遇してしまい、視線が痛かった。。。10分ほど登ると12;00に頂上。人がいっぱいおり、人気が伺えた。


ついしん
帰路の運転中、藤原のあたりで に遭遇。右から何か黒いものが来るなと思ったら、何と非常にかわいらしい小熊だった。人生初の野生の熊さんです
う~水上最高
スポンサーサイト

藤坂ロックガーデン

6月13日
メンバ:TA、KA、E、U、HA、Kura

午前中の用事を済ませた後、午後から藤坂へ

今日はTA御大がいらっしゃいますので、アルパインの練習をすべく、まずはクラックアラカルト()。1ピッチ33メートルですが、一回きって2ピッチでマルチの練習。下降を初めて8ミリロープを使ったので、マッシャーでバックアップをとっての懸垂。自分のルベルソでは滑りがよく、かなり不安でした。

UさんとHAは気合入りまくりで、ここを2回やりました。

その後は前回の宿題のプレートテクトニクス(5.10c)。KAさんがムーブを解決してくれて、自分とKAさん、HAがRP。あまり嬉しくないのは上昇傾向が強いからでしょうか。

6時ごろまで登りまくり、暗くなっての帰路となりました。

なおK山のトポをゲットできましたので、そのうち行ってみます。

有笠山 ちっぽけ岩

6月12日(暑くて汗だらだら)

メンバ: さん& さん、Kura

ヘタレです。

Unname(5.10a)を5回もやったのに、一回も出だしがクリアーできません。

軟弱な左手の押さえが利かず、右手が上のホールドをつかめません ハア~
利き腕でない左が弱いのは感じておったのですが、それが今回如実に現れちゃいました。

俺が弱いのが問題ですが、お二人ともちっぽけ岩は「辛い」といってくれたのがせめてもの救いです。。。
(ネットを検索してみたら、ちっぽけ岩の10台はグレードの付け方が辛いとの評価が散見してました)


今回の収穫はちっぽけ岩の所在が分かったことと、沢渡温泉がリニューアルしてたことですかね。
だた水温はあいからずの激熱でしたが。


さん& さん、もうちょっと鍛えてくるんで、また遊んでください。

榛名 黒岩

6月11日、休みの合ったKAさんと午前中の用事を済ませた後に黒岩へ
現地に13:00に着くも誰もおらず、本日貸切となった。

今日の目標は月下美人(5.11a)。ピラミッドフェイス辺りで軽くアップして、いざスタート。
まずは自分が。前回トップロープでいい感触だったので、行けるかと思ったが、テンション、テンション、テンション。やっぱリードは難しい。ヌンチャク掛けながらだと、勝手が違います。。。

トップロープを張って、初トライのKAさん。彼ならさくっと行くんだろうなと思っていると、1テンで登る。次はリードをやるとの事。

自分の2便目。ヌンチャクは掛けっぱなしなんで、先ほどよりは気楽にトライ。
が1テン。3本目のところで力尽きダメ

KAさん、リード一便目。3本目までサクサクいく。おっこりゃ行くかなんて思っていると、何だか足の置き方がおかしい・・・どう見ても変な登り方で、こりゃ落ちるかななんて思った瞬間、フォール
落ちた瞬間、第一声が「やってらんねえ」
普通は「今畜生」とか残念がる言葉だと思うのですが・・・理解不能でした。

その後も2人で何度かトライしましたが、未熟な我々では腕が残っておらず、結局登れずの帰宅となりました。

次回には片付けたいですね。

中木川烏帽子沢右俣

メンバ:A、E、Kura

6月6日、妙義に沢登りに行ってきました。ただし場所が場所だけに谷登りに近かったですが・・・

国民宿舎裏妙義を出発し、丁須の頭へ通じる篭沢ルートを行く。途中入渓点を過ぎてしまい、探すこと30分。見つかった後は何で分からんかったの?といつも頭を悩ます。入渓点で装備し、足回りに丹念に「ヤマヒルファイター」をかける。昔、妙義の別の沢で吸血されたことがあったので、今回は絶対にやられたくなかった。

今回、Eさんは人生初の沢登りということで、ここなら大丈夫だろうとセレクトした。結果は全く問題なく、次回は厳しい所に連れて行こうと虎視眈々と戦略を練ることにした。

入渓点を少しいくと、まずは8mCS。遡行図には巻くよう記載されていたが、なるほどこれは登れん。
P6050152_convert_20100607221627.jpg
仕方が無くしょっぱなの滝から左岸を巻く。ちょっといやらしいルンゼを登り、すこしトラバって沢が見えるところまで行き、15mほど懸垂。Eさんも難なく降りてくる。

少し進むと沢は二股に別れ、右へ。ここからは水量の非常に少ない、小滝とナメを進む。あまり水に濡れず、沢登りという感じがしない。

再び沢がわかれ、左にいくと、幅広の6mの滝。左岸に巻き道があったが、自分は何とかフリーで登る。途中ハーケンが打ってあった。

次に8mの滝。ここは岩がステップになっている箇所があり、全員直登。水線通しを登ったため、ちょびっとシャワーとなる。

最後に10mと8mの滝のある二股に行く。ここは右を登るのがルート。ここもホールドは十分で、問題なし。ほどなく水が無くなり、がれ場と落ち葉のミックスを進むと、登山道へ出た。ばったり登山者と会ってしまい、こちらの完全装備に驚いていた模様。

あとは裏妙義の縦走路を辿り、丁須の頭へ。ここまで鎖場の連続で、沢登りより疲れた。Eさんは丁須の頭も始めてとの事。また自分とは初めて頂上を踏んだとの事で握手となった。

あとは国民宿舎へむけ、一目散に下山。国民宿舎へひとっ風呂&ヒルチェック!
喰われてませんでした。よかった~

榛名 黒岩

6月5日(土)時々
メンバ:T,S、Kura

黒岩老眼鏡(5.10c)登れました

だんだんグレードが上がっていくのは嬉しいもんです。

昔5.11なんて夢ぐらいにしか思ってませんでしたが、何とかなりそうです。

本日、月下美人(5.11a)をトップロープでノーテンで行けましたんで、次回トライです。


しかしKさんはすごいヒマラヤの8,000M行くような人は別次元ですね。。。



まだデジカメ直してませんので、写真なし。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。