FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星穴岳

KOさん、H、KURA 

星穴岳。何と素敵な名前だろうか。由来は分からんがネーミングで引かれ、また登山道の無いルートとの事でこりゃ行かねばとプランを立てたところ、いつものメンバーが賛同してくれたので、行ってきました。

fc2 1
妙義の道の駅に車をとめ、中之岳神社より入山。この階段がキツかった。ここから西岳の鞍部を目指して登ります。鞍部の手前に一箇所鎖場あり。鞍部につくと星穴岳方面はロープが張られ、入山抑制となっていた。ここでハーネスをつけ、出発。

fc2 2
途中10Mほどの岩場があり、ノーザイルで登る。もち手は大きくまったく難しくない。ここを過ぎるとやせた5Mほどの岩尾根があるも、FIXが張ってある。念のためカラビナをかけて進む。

fc2 3
次に10Mほどの横トラバース。ここも難しくなくノーザイル。

fc2 4
西岳頂上。眼下に星穴岳が眺望できる。カッコイー

fc2 5
西岳を下降し、しばらく行くと岩壁にぶつかり、そこを右へ急なくだりとなる。木にかなりスリングがかかっており、懸垂ポイントらしい。はじめ確保なしで下るが、思ったよりもいやらしいので、登りかえして懸垂を行った。思ったより長く、2ピッチ。岩壁の下まで行くと、左へ回り込み、さらに下降する。

fc2 6
途中4人の中年パーティと出会う。星穴新道方面より来たらしく、星穴が見つからず右往左往しているとの事。こちらのルートを説明すると、なんとなく我々の後をついてきて、岩小屋で一緒に休憩となった。

fc2 7
ここから100Mほど岩をへつるように横に進む。途中ペツルが打ってあり、FIXをはるパーティもいるようだ。
最後15Mほど登ると稜線に出た。岩にスリングがかなり掛かっており、どうやら穴への下降ポイントらしい。ただしあと少し行くと頂上なので、先に進む。最後KOさんが1ピッチ登り、頂上へ。標識は何もなく、頂上かは分からないが回りを見渡すと、一番高いので頂上とする。

fc2 8
先ほどのスリングに戻り、懸垂。20Mほであるが空中懸垂となり、かなり楽しい。穴は小さく、二つあるうちの一つ射抜穴と断定。そこからさらに50M懸垂。こりゃ長かった。

fc2 9
懸垂の途中にでも次の穴があるのかと期待したが、無し。Hが左手のルンゼを登り探しにいくと、あった。先ほどよりもかなりデカイ。星穴である。妙義山塊の風景にはいつもやられる サイコー

あとは道の駅を目指して、山のなかを左を意識して進む。途中赤テープが随所に出てきて、それ通りに進むとドンピシャで中之岳神社に着いた。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://teletelekozo.blog75.fc2.com/tb.php/70-843d28e2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。